Google のサービス、人材、パートナーを結集して、被災者のみなさまを支援します

Google は地域の自治体緊急援助チームと協力し、緊急時に必要とされる重要な情報資源へのアクセスを提供しています。

Google のサービス

Google は、災害発生時に最も重要で信頼性が高く、実用的な情報​へのアクセスを​可能にすることを使命としています。

緊急事態を生き延びる人々にとって欠かせないのは、リアルタイムの情報です。現地で問題に直面している人にも、遠くから状況を把握しようとしている人にも、Google は自社のサービスを活用して重要な情報(どこで何が起きているのか)をすみやかに伝達し、人々の安全を守り、的確な情報を提供したいと考えています。

そのような意図の元に私たちは​​​​​「SOS アラート」​​を開発しました。​​SOS アラート は、​​大規模な自然災害、人災、人道危機の発生時に、Google 検索や Google マップに緊急時情報を目立つように表示する機能です。

Google 検索上の SOS アラート

災害に関連する情報を Google 検索で見つけやすくするために、SOS アラートを表示し、ニュースや地図のほか、地域自治体からの最新情報、緊急時の連絡先、寄付の方法などを可能な範囲で提供します。アクセスや共有がしやすいように、すべての情報が 1 か所にまとめられています。
詳細

Google マップ上の SOS アラート

災害に関連する情報を Google マップで見つけやすくするために、SOS アラートを表示して現地の近況を掲載し、ホットライン番号などの緊急時の連絡先に直接アクセスできるようにしています。
詳細

災害情報

「災害情報」は SOS アラートを補完する機能で、地方自治体や公共機関による、公的な気象警報、安全警報、地震警報に関連する緊急メッセージの配信を支援しています。

詳細

Google の人材

災害発生時に適切なボランティアを派遣できれば、大きな成果につながると言われています。

災害後の復興にはチームワークが必要です。現地で活動する NPO や緊急援助チームが、特定の作業に必要な専門技術を持つボランティアを​募集することはめずらしくありません。Google には、被災地を支援できる高度なスキルを持った人材が大勢揃っています。Google.org のボランティア プログラムでは、このような Google 社員と支援を求めている地域や NPO をマッチングしています。

プロジェクトを見る(英語)

ストーリー スポットライト

欧州難民にインターネット アクセスと端末を提供しました

NetHope にボランティアとして参加した Google 社員が、低コストの Wi-Fi / 充電ステーションを、バルカン地域の移民ルートに沿って設置しました。難民キャンプや移動センター内に 75 か所以上のホットスポットを設置し、50 万人以上の居住者に必要なインターネット回線を提供しました。

NetHope を見る(英語)

Google のパートナー

Google は災害救助の最前線に立つ NPO や政府機関(赤十字社、米国連邦緊急事態管理庁、フィリピン大気地球物理天文局など)、さらに、多数のサードパーティのコンテンツ プロバイダと連携して、緊急警報、公的な安全情報などのタイムリーな情報を、Google 検索や Google マップなどの Google サービスを通じて配信できるようにしています。

また Google.org では、人道組織をサポートするための戦略的パッケージを提供しています。このパッケージには資金調達や適切なボランティアとのネットワーク形成などが含まれており、被災地域の支援、復興に努める NPO に活用いただいています。

Google.org を見る(英語)

NPO 向けのリソース

幅広い人々とつながり、支援を拡大し、グローバルに影響を与えるための支援を行っています

Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムを見る

ストーリー スポットライト

危機的状況で医療データを記録し整理するための新たな方法

MSF: Ebola を見る(英語)